型紙の制作(Derby)

見よう見まねで革靴製作を始めてみた。色々なサイトを調べて雰囲気わかったものの、実践はもちろん初めて。備忘録を兼ねて、まとめをのせておきます。

スキャナで取り込み

線を引く誤差とかできるだけ少なくしたいというのと、また作りたいとなった時に簡単に型紙を打ち出せるようにスキャナで取り込んで電子化してみることにした。使ったCADはDraftSightというソフト。無料で使える。革細工やってる人のサイトではCADを使って図面を引くという人が結構いて、後々、修正とか微調整が楽みたい。

DraftSightではメニューから、「挿入→下絵を挿入 」で下絵を挿入できる。この挿入した下絵の上にポリラインで線を引いていった。

まずスキャナで取り込んだのはこれ。木型に上貼りしたマスキングテープを右半分、左半分に切って台紙に貼ったもの。

CADでのトレース

この画像をDraftSightに取り込んだ。新しいレイヤーを作って、メニューから「挿入→下絵を挿入 」で貼り付けられる。この画像はA4サイズなので、貼り付けた画像のサイズも210×297にした。

さらに新しいレイヤーを作って線を書いていった。曲線部分はスプラインで、直線部分は直線で。

単純にいうと、やったことはこんな感じ。

  • 下絵の輪郭をトレースする。この時に、前半分だけの線、後ろ半分だけの線、前半分と後ろ半分が重なる共通部分の線にわけてトレースすると後で楽。
  • 前半分と、共通部分の線を合わせて前半部を作る
  • 後ろ半分と、共通部分を合わせて後半部を作る
  • 前半分、後半分でそれぞれに貼りしろやつり込みしろをつける

CADを使うと、後で線を引き直したり微調整したりというのも簡単にできる。あと、1cmとかの幅で貼りしろを作るのも簡単。

サイトによって、羽根の上半分の部分は左右対象に作っているのも多かったので、コピペして反転させて位置あわせして作った。

表の革

基本的には、切り抜いた紙をトレースして、革が重なるところの余白を足して作った。

余白は、色々なサイトを参考にして、革が重なるところで、横は10mm、かかとの中心は2mm、つり込み代は25mmにした。つり込み代はサイトにより15mm~25mmくらいだったが、初めてなので多めで。

つま先の形を作るときに、型紙が右半分、左半分の左右対称で作ったのだが、つま先の立体をだすのが少し難しかった。今回はストレートチップとかメダリオンとかの飾りはつけない予定なので、この動画を参考にして、単純にすこし余裕を持たせて線を引いた。

ライニングの線

あとライニング(内革)の作り方で参考になったのはここここのサイト。Derbyでは外羽とベロ、本体に裏革がついているので、外羽の裏革をどうやって本体につなげるんだろうと思っていたら、このサイトにヒントがあった。外羽根の裏革に少し切りかけをいれて、交差させるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です