甲革の縫製

見よう見まねで革靴製作を始めてみた。色々なサイトを調べて雰囲気わかったものの、実践はもちろん初めて。備忘録を兼ねて、まとめをのせておきます。

仮靴を作ったので、特に悩むこともなかった。表と裏の革を切り抜いて縫い合わせた。表はここのサイトで買ったヌメ革。裏はヤフオクで買った豚革。

一番わからなかったのは甲革と裏革がクロスするところ。外羽根の裏革と胴体部分の裏革が繋がらないといけない。これは、型紙の制作のページでも書いたけど、このページとこのページに答がかいてあった。

出来上がったのはこちら。切った端は、色々なページで見ても織り込むのがほとんどだったが、今回はコバ磨きで仕上げた。革漉きの技術がないのと、こっちの方が慣れていたので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です