甲革の縫製

見よう見まねで革靴製作を始めてみた。色々なサイトを調べて雰囲気わかったものの、実践はもちろん初めて。備忘録を兼ねて、まとめをのせておきます。

仮靴を作ったので、特に悩むこともなかった。表と裏の革を切り抜いて縫い合わせた。表はここのサイトで買ったヌメ革。裏はヤフオクで買った豚革。

一番わからなかったのは甲革と裏革がクロスするところ。外羽根の裏革と胴体部分の裏革が繋がらないといけない。これは、型紙の制作のページでも書いたけど、このページとこのページに答がかいてあった。

出来上がったのはこちら。切った端は、色々なページで見ても織り込むのがほとんどだったが、今回はコバ磨きで仕上げた。革漉きの技術がないのと、こっちの方が慣れていたので。

仮靴

見よう見まねで革靴製作を始めてみた。色々なサイトを調べて雰囲気わかったものの、実践はもちろん初めて。備忘録を兼ねて、まとめをのせておきます。

中底はできたものの、右足の中底を削りすぎでダメにしてしまったので、失敗した右足側で仮靴を作ることにした。

革の切り出し

表革は床革という安い革で。裏革は今回は省略。本番用の裏革も切り出してはあるので、形状確認だけ。

とりあえず型紙にあわせて切り出し。

裏革も型紙にあわせて切り出し。

表革の縫い合わせるところをすいて、かかと部分を縫い割り。2mmほど余白を作って縫いあげ、先に接着剤を縫って、金槌でたたいて余白部分を開く。このサイトによると、縫い割りはウマという道具を使うようなのだが、金槌の持ち手で代用した。

縫いあがったのを釣りこんだのがこちら。最初の最初にしてはそれなりに仕上がったのでは。

本番の靴の制作に向けて、教訓はこんな感じ

  • 羽根がくる位置にちゃんと印をつけておく。後で縫い上げた時に外から見えないように。
  • 足型と甲革で、つま先の先端の位置を印付けておく
  • 甲革の切り口を、折り返しとかコバ仕上げにするのは縫い上げる前に。

中底


見よう見まねで革靴製作を始めてみた。色々なサイトを調べて雰囲気わかったものの、実践はもちろん初めて。備忘録を兼ねて、まとめをのせておきます。

靴底をどうやってつけるか、ハンドソーン・ウェルテッドにするかマッケイにするか最後まで決めきれなくて、ダメもとでウェルテッドで一回中底を作ってみて、それから考えることにした。

全般的にこのサイトがすごくわかりやすくて、面白かった。靴づくりに興味をもったのもこのサイトのお陰で、何気にこのサイトを見ていて「これはいけるかも」と思ったから。

切り出し、形つけ

まずは革を切り出した。参考にしたサイトや動画のほどんどが、大きめに革を切り出して、木型に合わせて微調整していたのだが、問屋さんから買ってきた革がギリギリのサイズなので、型紙を作ってこれに合わせて切り出すことにした。革は中底用として売っていたショルダー。

このままだと、靴になった時に中底がツルツル滑るらしいので、銀面を一皮削るらしい。本来ならガラスの破片で削るらしいのだが、手ごろなものがないので、カッターナイフの刃を一かけ折って、これで表面をこそぎ取った。

これを水に濡らして木型に釘で固定し、ゴムチューブでグルグルにまいて二晩おいて形つけした。

形付けした後はたしかに革が木型に沿うような形になっていて、木型がしっかりできていれば足の形にぴったりフィットするようになるんだろう。

溝ほり

ハンドソーン・ウェルテッドは中底に溝を掘って、ウェルトと中底を縫い合わせることで表の皮を固定するもの。みぞ掘りはこの動画を参考にした。靴の専門学校の先生が解説してくれていて、すごくわかりやすい。

あと、この動画もわかりやすかった。今回はこの動画のやり方をまねてみることにした。ドイツ語で説明してくれている。ドイツ語はよく分からないけれども、字幕で何とか解読した。

外縁から3mmを斜めに落として、さらに内側に7mm入ったところに、土手を作ることにした。

出来上がった溝はこんな感じ。やっぱり、刃物を研いでいるかどうかで全然作業効率が違う。

穴あけ

中底につくった土手にすくい縫い用の穴を先に開けておいた。穴あけのピッチは7mmで、内側からではなく外から見て等間隔になるように印をつけて開けておいた。